2006年04月28日

PSP版EVA2プレイ日記(1)「PSP、襲来」

 私の個人的なPSPキラーソフトは、「新世紀エヴァンゲリオン2造られしセカイ-another cases-」となりました。ぱちぱちぱち。このゲームを遊びたいが為に購入に踏み切りました。
 ちなみにPS2の時の個人的なキラーソフトは「ガンパレード・マーチ」(注1)「リッジレーサー5」でした。「R4」には劣りますが、まぁまぁ楽しめました。

 今だから告白しますが、今日にしてようやく、UMDはルーローの三角形では無いって気付きました。私はてっきりそうだと思い込んでましたが、今日初めて実物を手にして違うと判りました。思い込みって怖いですね。

 ええと、ゲームのプレイ日記になっていないですね。マニュアルを読んで早速ゲーム開始です。アップデートを済ませて準備完了。使用シナリオは1の「使徒、襲来」です。


 まずはアニメでおなじみのシーンを経て、早速第3使徒サキエルと戦闘です。チュートリアルつきで。どうせすぐにクリアできるでしょう、とふんで、ケーブルを切断して使徒に接近。キックやナイフで応戦です。
 しばらく格闘すると、行動時間切れになりました。ありゃ。思ったより早かったですね。EVAの動きが止まりました。使徒の攻撃をなす術も無く食らってます。ってことはこの展開は。

 暴走。

 えーと、初プレイは結果としてアニメとほぼ同じになってしまいました。めでたし、めでたし。 


・今回の注釈
注1:やだなぁ、R3ボタンの付いたコントローラー欲しさに買ったわけが無いじゃないですか。単にプレイステーションが寿命だったので買い換えただけですよ。ははは。え?PS2で最初に遊んだゲームは何かって?そりゃ買い換える直前まで遊んでたガンパレですよ。ちなみに、リッジ5を買ったのはPS2購入の1週間後でした。はい。
posted by テン at 00:52| Comment(2) | TrackBack(1) | EVA2造られしセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

PSP版EVA2プレイ日記(2)「チュートリアル」

 今回はチュートリアルからのゲーム開始です。音声ありの丁寧なチュートリアルですね。音声を飛ばさずしっかりと全部聞いてました。おかげで戦闘シミュレーション込みで1時間弱ほどかかりました。今日はのんびりモードのゲームとなりました。

・今回のプレゼント
 ミサト→ペンペン
 ペンペン→ミサト
飼い主とペットの間でのプレゼントがある中、シンジ君は何ももらえませんでした。
posted by テン at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | EVA2造られしセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

PSP版EVA2プレイ日記(3)「初めてのプレゼント」

 このゲームを開始して初めて、プレゼントを貰えたシンジ君。その内容とは。

 赤木リツコさんから「Hな本」を貰えました!

 ええと、これって。
 ものすごく勘違いしてもよろしいですか?
 いや、物凄く勘違いさせて下さいっ。

 一瞬躊躇しましたが、こんな感じで喜んで受け取るプレイヤー。あぁ、ロールプレイとは全く縁の無い1週目です。
 今回は他にもペンペンからエチケットスプレーを貰いました。意味は深く考えない事にします。

 インパルスを使い切りましたので、マンションでくつろいでいると、ケンスケとトウジが遊びに来ました。ケンスケはミサトさんと会話したりして帰って行きましたが、トウジはテーブル前で座ったまま誰にも話しかけません。
 結局トウジは、夕飯時にテーブルで食事を始めたシンジに食事を分けてもらい、夜9時ごろに帰りました。遊びにきた、というよりも、メシ食いにきたの?

・今回の戦闘
 第四使徒シャムシエルを撃破しました。
posted by テン at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | EVA2造られしセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

PSP版EVA2プレイ日記(4)「物語の終わり」

 レイにIDカードを渡す事になりました。えーと、いい感じでアニメの内容を忘れていましたので、マップにレイが表示されるまでネルフ内でうろうろと徘徊です。第3新東京市に出てからようやく思い出せました。

 IDを無事に渡してしばらくした後、第伍使徒ラミエルと対決です。
 一人先行するレイ。こちらは武装のおかげで速く走れません。慌ててケーブルを切断し、ゆっくりと走り出して追いかけます。

 レイは使徒にかなり接近している状態です。やばいやばい。急いで射線をあわせて攻撃します。
 一撃で撃破。すげぇ。EVAへの被害は全くありませんでした。無傷の勝利です。


 しばらく話を進めていると、人の造りしもの、ジェット・アローンを捕まえる事になりました。
 画面が変わり、方向キーを押しっぱなしにしてスタンバイ。これでミニゲーム開始と同時に動けるはずです。
 ん?まだ動かないってことはまだ始まってない?あ、いや?もう時計動き出してる?あわわわわ。焦ります。ボタンをぎゃちゃがちゃと色々押してみます。動きません。ふっと我に返り、アナログパッドを押すと、ようやく動き出しました。
 が、時既に遅し、です。1700m以上の大差を付けられ、捕獲はなりませんでした。まぁ、ゲームオーバーではないのでこのまま続行です。


 次の戦闘は第六使徒ガギエルでした。原索通りにアスカと共に弐号機に乗り込んでの戦いです。水中で高速でこちらに向かってくる使徒に、タイミングよく切りつけます。2度ほど攻撃を喰らいながらも成功し、次の段階です。使徒の口をこじ開ける判定パルスです。

 …8回目の判定で失敗しました。
 EVAから十字の爆発エフェクトが起こり、
 スタッフロールが流れました。

 これにて、私の1週目は終了…してたまりますかっ。
 セーブしてウォッチモードと追加シナリオが出たのを確認した後、ロードして再挑戦してやりますとも。
posted by テン at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | EVA2造られしセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

PSP版EVA2プレイ日記(5)「ツープラトンキック」

 イスラフェル甲とイスラフェル乙に分離している状態からゲーム開始です。1日だけのフリーターンを終えて、戦闘です。

 いざ戦闘開始。
 使徒もEVAも、2体で1ユニットの扱いなんですね。なるほど。それにしてもEVAの移動が遅いです。とりあえずケーブル切断して移動速度アップを狙います。
 やっぱり遅いです。時間が持ちません。使徒ではなく電源ビルに向かって移動を開始します。
 電源を確保した後は、いよいよ接近戦です(ちなみに接続時の内部電源残りは1:20でした)。
 お互いの射撃は、ATを中和していないためにヘイフリックで全て止まり、全く実害を与えられません。頼りは殴り合いです。とは言っても、こちらの一番威力の強いナイフ攻撃ですら、ヘイフリックを少ししか上回れず、ちまちまと削ることしか出来ません。

EVAのナイフ攻撃(実ダメージ小)

EVA後退

イスラフェルの光線(ヘイフリックまでのダメージ)

EVA接近


 このパターンを何度も繰り返してました。しばらくするとツープラトンキックが使用できるようになり、ようやく勝利を収めました。
 今回は非常に長期戦となりました。電源を確保してて良かったです。


 次の戦闘は第八使徒サンダルフォンです。
 ガギエルと同じ要領で撃破。今度はへましませんでした。
posted by テン at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | EVA2造られしセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

PSP版EVA2プレイ日記(6)「停電」

 いやー、休みだからってゲームで遊びすぎです、私。今回のプレイ時間はかなり長かったですので、ちょっとはしょります。アニメと同じ部分は少し省く方向性で、行きます。

<第九使徒マトリエルの場合>
 登校前にちょこっとネルフに寄ったら、停電になりました。早くも使徒と戦闘かと身構えましたが、襲撃はありませんでした。おや?
 お昼過ぎから学校に向かい、放課後はアスカやトウジと復習をして再びネルフへ。っと、ここで戦闘です。

 第九使徒マトリエルとの戦闘は、EVA3機で行いました。
 まずはケーブルを切断し、電源ビルへと向かいます。敵に向かっている最中に出てきた台詞がこちら。

冬月「勝ったな」

 え?まだシンジは接敵していないのに?
 と一瞬考えたのですが、レイやアスカは既に接敵していた模様です。シンジが使徒を射程距離に収める前に、使徒を撃破していました。
 いやー、楽ですね。今回の戦闘は何もしていませんよっと。


<第拾使徒サハクィエルの場合>
 アニメ通り、EVA3機で使徒を受け止めます。
 ところが、シンジが目標地点到達に間に合わず、ゲームオーバー。
 2回目。またまたシンジが間に合いません。
 3回目。レイが間に合いませんでした。
 4回目。全員間に合いませんでした。
 5回目。ようやく成功です。ふぅ。この一戦で、クリアデータのセーブ回数がやたら増えました。ぬーん。


<第拾壱使徒イロウルの場合>
 パイロットはすることがありませんので、ネルフ内をウロウロ。
 でも、判定パルスはプレイヤーの手で行うんですね。2度目の挑戦で成功です。失敗即ゲームオーバーではなかったので助かりました。


<第拾弐使徒レリエルの場合>
 使徒に取り込まれた後、会話選択肢が出てきました。ATがごりごり減った後、ようやく脱出です。


<第拾参使徒バルディエルの場合>
 ダメージを受けないように背後に回って殴ってましたが、ちっともダメージを与えられません。ジオフロント内に進入されました。
 諦めて正面きって戦いを挑むと…なるほど、こうなるわけね。今のパイロットよりは役立ちます。


<第拾四使徒ゼルエルの場合>
 前回の一件により、ATがびっくりするくらい激減したシンジ。いや、ホントにこの減少量はびびりますって。
 以下、アニメどおりの展開でした。


<第拾五使徒アラエルの場合>
 今回はアスカを操作です。こちらからは攻撃できませんので、敵の射程外へと逃げ回っていましたら、敵に侵入されてゲームオーバー。
 2回目。仕方なくレイが来るまで囮に徹します。案の定、判定パルスには失敗しまくりです。それでもレイが投擲するまで持ちこたえられました。


<第拾六使徒アルミサエルの場合>
 うーん、アニメっぽい展開ですね。説明は省略します。
posted by テン at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | EVA2造られしセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

PSP版EVA2プレイ日記(7)「2つのエンディング」

 いよいよ終盤に突入です。一気に最後までどどんと進めます。

<第拾七使徒タブリスの場合>
 前回の戦闘で第3新東京市が壊滅的な打撃を受け、ネルフで寝起きする事になりました。
 で、使徒と出会うわけですが。
 アニメ通りですねぇ、うんうん。欲を言えば、合唱は電子音ではなくて人間の声がよかったなぁ、と。


<最終決戦の場合>
 最終決戦、と勝手に呼んで良いものかどうか迷いますが、とにもかくにも最後の戦闘です。敵はアニメでもおなじみですね。説明省略。
 まずは序盤戦。アニメの展開を思い出して、インパルスの消費は抑え目に。むしろ使う必要は無いですね。楽勝モードです。敵にダメージを与えて上がるAT、めりめり増えるシンクロ率。余勢を駆るとはこのことですか、気力が充実するとはこのことですか。

 戦闘は折り返しを迎えました。ここからは慎重に。敵単発の攻撃ではこちらのヘイフリックを超えられませんので、連続攻撃を食らわないことだけに専念してました。やばくなったら距離をとります。シンクロ技能99で、しかもケーブル要らずの体は軽いですね。射撃で先制し、接近してキック。そのまま敵の脇を走り去って旋回してまた走り、キック。

 アスカを援護せずに見捨てる結果となりましたが、無事に勝利を収めました。
 そしてエンディング。

 ところで、この戦闘で負けたらどうなるんでしょ。負けてみました。ほうほう、こういうエンディングになるんですね。なるほど。


・1周目感想
 フルボイスは凄いですね。…って他のシナリオでは少なかったらどうしましょ。チュートリアルも丁寧なつくりで効果がもてます。誤字が一箇所ありましたけど。(×捕捉→○補足)
 戦闘は思ったよりとっつきは良かったです。判定パルスが必要なもの以外は。
 そう、判定パルスです。まだ慣れていないのか、単に私が目押し下手なのか、とにかく失敗する事が多かったです。

 お次は今回のプレイ内容について。
・ちょっと「テーブルでくつろぐ」ゲームにした感がありますね。この辺はプレイ制限の材料として考えてみます。
・どこから入手したのか、ミサトがHな本、指輪、ネックレス、香水袋と、恋愛や色欲に影響を与えるアイテムを多数所持していたのが印象的でした。おかげで仲良くなる対象がリツコからミサトに途中から変わりました。
・このシナリオには庵野AIは影響していないみたいですので、AIの評価は先送りです。
・「ここでの出来事を話す」系の話す内容を、多くの選択肢の中から選べるのって、かなりいいですね。絢爛の選択肢4つに比べて驚異の数です。こんな機能が欲しかった。
・1周目は結構楽しめました。さて、何周目まで楽しく遊べるのか、楽しみです。
posted by テン at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | EVA2造られしセカイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。