2005年11月06日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(1)

 アルファシステムファンの中では、「ガンパレード・オーケストラ」なるアニメの話題でもちきりな今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。テン・スッテンです。
 GPMや絢爛舞踏祭の前例に基づき、GPOもまた、私の居住地では放送されていません。いつもの事です。慣れています。泣いてません。

 その代わりといっては何ですが、今更ながら「絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク」を観た感想などを載せてみたいと思います。ゲームにもそろそろ慣れてきた頃ですし、ここいらでアニメを見ておくのも悪くは無いでしょう。確かこういうのって、「代償行為」とかいうんでしたっけ?
 今回は、第1話と2話を観た感想を掲載します。深刻なネタバレはありませんので、私のようにまだ見ていない方もご安心ください。

・オープニングテーマ
 歌は普通ですね。カラオケで歌っても変な目では見られないでしょう。映像は、3Dでしか見たことが無いキャラがアニメで動いている姿を見て、「おぉっ」と思ってしまいました。

・内容
 話の導入としては、悪くないと思います。世界観の描写をみて、あ、ここはゲームと違う、ここは同じ、とか考えながらの鑑賞でした。
 お約束と言えるシーンもありました。
「夜明けの船が早々現れるわけでは…」
「夜明けの船が現れました!!」

こんなベタな状況は大好きです。

・声の印象
 当たり前の話ですが、声が入っていないゲームと違って、アニメでは声優さんがしっかりと演技しています。で、ゲームでしか登場人物と接していない私は、勝手に声のイメージを抱いていました。ここで、私のイメージとアニメの違いを列挙してみたいと思います。
 アキ、ショウ、ネリはイメージ通りでした。クリサリスは最初聞いたときは違和感がありましたが、こういう声もありですね。ヤガミは、もうちょっと知性派というか冷静キャラな声だと思ってました。エリザベスの声はイメージよりかなり若いですね。エステルはもうちょっと幼い声だと思ったのですが、あの喋り方ですか。じゃぁ納得。MAKIは思ったより優しい声ですね。機械的な冷たさが感じられません。アンナは、あのアニメの絵ならぴったりですね。ポイポイダー、猫先生は…イメージしていませんでしたので、ふーんと納得しました。最後にエノラですが、最初姿を見たとき彼女だと思いませんでした。2回目でようやく気付きましたよ。声はイメージ通りでした。
posted by テン at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(2)

 今回はDVD2巻を観た感想を掲載します。
・EPISODE3「ショウ 憧れの出撃!」
タキガワ一族ファンにはたまらない回でしょう。ご先祖の遺志をそこまで貫き通すとは、いい奴です。あと、サーラはあのしゃべり方じゃないんですね。じゃぁあの声でも違和感無いです。

・EPISODE4「接触!グラムとベスと潜水艦」
ゲームに登場しないせいか、いまいちグラムとベスに感情移入や共感が出来ません。うーん。

・EPISODE5「アンナ奮闘!夢の我が艦隊」
ポー教授初登場の回です。いきなりTVジャックですかポー教授。最初一瞬誰かと判らなかったですよポー教授。自分で「若きリーダー」って言うのはどうなのポー教授。個人的には今後の活躍が楽しみです。あと、ゲームと違うあの絵なら声もぴったりです。
それにしても、火星と地球の為替レートは固定とは。ふうむ。
posted by テン at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(3)

 今回はDVD3巻を観た感想を掲載します。
・EPISODE6
ポイポイダー、勇ましいです。勇ましすぎます。ますますお気に入りキャラになりました。かっくいー。

・EPISODE7
キュベルネス初登場の回です。あとお札の肖像って…あれアンナですよねぇ。

・EPISODE8
呉越同舟とはまさにこの事でしょう。オリンポスは都市船じゃなくて残念。ショウの出撃がなかったのも残念。しかしヤガミはスーツ似合いますね。

…今回はかなり手抜きな感想になりました。
posted by テン at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(4)

 今回はDVD第4巻を観た感想を掲載します。
・EPISODE9
ゲームには無い設定、温水プール登場です(湯船と言うよりは、ねぇ)。あと、恵初登場です。気になるのは彼女、乗組員になった際にエリザベスと刃を交えたのでしょうか。うーん。

・EPISODE10
うん、エリザベス相変わらず腕っ節強いです。あと、最後に出てきたのは…MPKっぽいような、そうでないような。

・EPISODE11
夜明けの船討伐艦隊ですか。ゲーマーとしてはあれだけの数のRBを相手に喧嘩したくないような、したいような。あとH級フレーム初登場ですが、やはりF級や士翼号と似てませんね。
posted by テン at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(5)

 今回はDVD第5巻を観た感想を掲載します。
・EPISODE12
 終り方にどうもしっくり来なかったと私は思っている幽霊船の回です。あと、ミルヒが饒舌です。

・EPISODE13
アキ主役の回です。あ、シャワーがある、うわ、鼻眼鏡があるっ!あとグランパの眉毛って、実はこの仮装の時に描かれた?だったらどうしよう。うーん。

・EPISODE14
久しぶりの戦闘系シナリオです。あと、アイキャッチが新しくなりました。以前のはグラムがなにやら間抜け面っぽかったのが気になってたとこです。
posted by テン at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(6)&(7)

 今回はDVD第6巻を観た感想を掲載します。
・EPISODE15
 キュベルネスとベステモーナが主役の回です。コーストガードがまだ無いために、海賊に頼るしかないアンナは少し不憫に思います。表情は面白いですが。

・EPISODE16
 BALLS単体にも戦闘能力はあるんですね(アニメだから?)。ポイポイダーの単独戦闘能力を、私は相変わらず高く評価しています。はい、かなり贔屓はいっています。

・EPISODE17
 私は結構お気に入りの回です。ヤガミファンとエステルファンにもオススメでしょう。ええ。あとエステルの格闘能力高すぎです。MAKIとBALLSの関係がゲームと異なるのはアニメならではのご愛嬌でしょうか。

------ 

(2006/1/9追記)
絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(7)

 一度は感想を掲載したつもりですが、どうやら私の手違いで失敗してたみたいです。そのため、DVD第7巻を再度レンタルし、感想を掲載します。

・EPISODE18
 作品中で警戒中に何か物音がして、そこから猫の鳴き声がした場合、古来より本当に猫だったためしはほとんどありません。しかし、さすが様々な知類のいる世界ですね。ってかそんな世界なら猫にも警戒しましょうよ。

・EPISODE19
RBでスキーを楽しむ回です(え?違う?)。
それにしてもヤガミの「時を待っているだけだ」のせりふが意味深です。

・EPISODE20
うー、どうもこの手の話は苦手です。好みに合いません。
剣で切りつけられるような歪んだ愛情は、ちょっと、ねぇ。
posted by テン at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(8)

 今回はDVD第8巻を観た感想を掲載します。今回はかなり面白かったです。素に戻ってつっこみ入れる事もありませんでした。
・EPISODE21
 これでいよいよショウの活躍が期待できそうです。グランパの指導者っぷりも良い感じです。

・EPISODE22
 依頼主の名をあっさりとしゃべるキュベルネス。冥土の土産のつもりでしょうか。
 しかし例の助け舟はちと反則だと思います。でも、「反則ついでに額を打ち抜けー、打ち抜け〜〜っ!」と野次を飛ばす私もどうかと自分でも思います。

・EPISODE23
 久しぶりのポー教授登場に、手を叩いて喜んでいます。相変わらず悪そうで何よりです。あとヤガミの動向も気になります。
 最後に。あのプリンって、絶対甘しょっぱいうにプリンですよねぇ。やはり。
posted by テン at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク(9)

 今回はDVD第9巻を観た感想を掲載します。最終巻も非常に面白かったです。
 終りよければ全てよし、ですね。

・EPISODE24
 グランパの適切な判断が良い感じです。
 もし地球軍に発見されたのがグラムのRBだったら。if小説にはもってこいの題材ですね。
 いや、私はそういった類のものは書きません(書けません)けど。
 あと、運ばれるポイポイダーの姿が妙に哀れに感じてしまいます。

・EPISODE25
 2人の活躍を見て、終盤に来てようやくグラムとベスを応援する気になりました。
 あと、大統領の孫が乗っている車両に対して発砲する軍人とは、何と非常識な。
 怪我でもしたらどーするんでしょ。

・EPISODE26
 最終話らしく、懐かしいキャラもちょこっと登場です。しかし、我らがポイポイダーはアノ方法では直ぐに殺せませんよ。


・最後に
 ネタバレにならないように意図的に内容をぼかして書いてましたが、読み返してみると…微妙ですね。ネタバレ無しで視聴記を書くのは難しいです。ゲーム「GPO白」はネタバレ無しでプレイレポ書きたいけど、大丈夫かなぁ?
posted by テン at 11:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

「絢爛舞踏祭ORIGINAL DRAMA1武勇号DISC」&「絢爛舞踏祭ORIGINAL SOUND TRACK」

 最近、ふと気付いた事があります。GPO緑の限定版を買うよりも、通常版にグレードダウンして、浮いたお金でドラマCDを買ったほうが、実はお買い得なんじゃないのかと。

 思いついたら即実行。
 そんなわけで、絢爛舞踏祭ドラマCD武勇号DISCと、絢爛舞踏祭オリジナルサウンドトラックを注文して購入しました。
 新品で。いやぁ、中古でも値があんまり変わらなかったもんで。ポイントも使用できますし。

 まずはドラマCDの感想ですが。
 いやね、正直あまり期待していなかったんですよ。実は。
 私はGPMのドラマCDも全て聴いたことがありますが、あまり楽しめませんでした。まぁ、没シナリオが元ですから、仕方ないとは思いますが。
 それにあらすじもねぇ、成功率1%の戦闘、なんて。いちぱあせんとですよ。いちぱぁ。あまりにもベタじゃないですか。そんな確率を提示されたら、絶対成功するに決まってるじゃないですかっ。

 とまぁ、聴く前はこんな感じですが。
 いやいやいやいや。これは買いですよ。ホント。手放しで大絶賛です。「がはははは。これだけ人をほめるのは久しぶりだ」状態ですよ。ええ(どんな状態だ)。
 私のようにGPO白限定版を買ったものの、微妙と感じ、緑の限定版買おうかどうか迷っている方、悪い事は言いません。限定版を通常版にグレードダウンして、ドラマCDを買うことを強くお勧めします。絶対こっちのほうがお買い得ですよ。

 いやはや、何がいいかって。
 戦闘の描写がいいですね。臨場感があります。ゲーム画面とその状況がリアルに想像できます。
 「短魚雷をこの調停でこの本数かっ!って事は現在の状況は…。」と思考をめぐらせながら楽しんでました。

 戦闘と言えばそう、タイトルにもなっている武勇号。かっこいいです。とにかくかっこいい。何でゲームに出てこないんだと不満を漏らすくらいに。

 個人的には声優もキャラにぴったりです。声優に詳しくないので、どんな声か知らない状態で聞き始めたのですが、声聴いただけでこれがどのキャラと判別できるくらいに私のイメージ通りでした。この人選は見事です。まだ登場していないキャラの声も聴きたくなりました。

 ゲームでおなじみの台詞も声で聞くと、おぉっ、喋ってる!とドラマCDだから当たり前だろ的な感想を抱きました。声があると、やっぱいいですねぇ。

 ここで私が下した判断ですが、次の希望号DISCと慈愛号DISCも購入します。そうですね、次はGPO青の限定版予算を削りますか。こちらのほうがお買い得と分かった以上、限定版にこだわる必要はありません。


 で、サントラの方ですが、無難でよい仕上がりです。絢爛のブログ原稿を書きながら聴くにはもってこいの1枚です。ドラマCDですと、聴き入ってしまってキーボードを打つ手が完全に止まってしまいますからね。ここら辺はBGMの強みでしょう。
 食堂で一緒に食事する時のBGMは、サントラで聴くといい感じです。私の中で評価が急上昇しています。
posted by テン at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

「絢爛舞踏祭ORIGINAL DRAMA2希望号DISC」

 さてさて、宣言通り緑の章限定版を見送って、希望号DISCを購入しました。実は、緑の章は通常版すらまだ購入してません。白の章すら充分に遊べてないので…。多分、青の章を購入した後に購入しそうです。

 で、肝心の感想ですが、個人的な感想、趣味丸出しで書かせていただきます。
 ちょっとパワーダウンしてますね。ゲーム内のネタとか、笑いがもっと欲しかったです。更に言うならば、RBが出撃した後の展開は好みですが、前半部分はあまり話が好みではありませんでした。

 ちなみに、時系列は武勇号DISCと同じです。後でもう一度武勇号DISC聴きなおしてみよっと。

 今回のキャスティングですが、個人的にはちょっと不満ありです。まずはヤガミ。ドラマCDの方が私のイメージに合いますが、が。アニメ観た後ですと、やはりアニメの声の印象が強く残ってしまいます。やはりアニメと声が違うのは減点対象です。
 あとイカナ。イメージと違う〜〜〜〜。再度強調しますが、あくまで個人的な感想です。購入に際しては、他のイカナファンの感想も併せてご検討下さい。
 それ以外のキャストは、ほぼイメージ通りでした。ドランジかっこいいねぇ。うんうん。

 あぁ、あと、「知恵者」って「ちえしゃ」って読むんですね。知りませんでした。今まで「ちえもの」って読んでましたよ。って事は、「痴れ者」ではなくて「愚者」の対義語っぽいですね。読み方的に。

 まぁ、何だかんだ言ってますが、次も買いますよ(昨日注文しました)。届くのが楽しみです。
posted by テン at 15:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。